我が家の生活費について

うちの毎月の生活費について書きます。まず、家賃が8万円、駐車場代が5000円で、両方で85000円かかります。その他、光熱費ですが、冬は高くなってしまっています。

だいたい平均すると、電気代が1万円ぐらい、ガス代も1万円ぐらい、水道代は2ヶ月で1万円ぐらいです。それに、固定電話代が1700円ほど、息子のスマホと私のガラケーの携帯料金が12000円ほど、新聞代4000円、ネットのプロバイダ料金が3200円、このあたりが固定費になります。

そして、食費はだいたい月に5万円ぐらいです。息子は自分で働いているので、ランチなどは自分で出しています。車にかかる諸経費も、息子が出しています。その他に服を買ったりとか、雑貨を買ったり、日用品を買ったりということで、生活費は全部で月に20万円ほどかかるでしょうか。

息子が2万円ほど生活費に入れてくれていて、その他自分のお小遣いやランチ代などで7万円ぐらい使っているようです。
今困っているのは、冬場で光熱費がかなり高くついてしまうということです。

電気ストーブを使うので、それで電気代がかかるし、先月は13000円以上の請求書が来ました。また、ガスがプロパンガスなのでかなり高いです。うちでは毎日お風呂に入る習慣になっているため、どうしてもガス代と水道代がかさんできてしまいます。

毎日お風呂に入るというのは贅沢なことなのかもしれませんが、生活のうえで最大の楽しみなので、どうしてもここははずせないところなのです。先月の請求は14000円強でした。その前の月はなんと16000円も請求されてしまいました。

プロパンガスも、ガス会社と相談すれば、もうちょっと安くしてもらえる場合があるということなのですが、できればそうしてもらいたいですね。

月によっては生活費用が足らなくなって、家賃代が払えない…なんて事もあるんです(*_*)
さすがに家賃を払わない訳にはいかないので、そのような時はお金を借りて支払う事もあるぐらいです。

家賃が払えない時はココをチェック→家賃払えない

カードローンとキャッシング。

表記で一番見かけると思うのがご存知のキャッシングとカードローンという二つの言葉だと言えますよね。二つの相違点はどことどこなんですか?という疑問があるというお便りがたくさんの人から寄せられましたが、詳しいところまで突き詰めて言うと、返済に関する計算方法が、少しだけ違いがあるといった程度なのです。
調査したわけではないのですが、どうやら少額の融資でなおかつ、スピーディーに利用することができる融資商品を、いつも目にする「キャッシング」「カードローン」などの名前を使っているところを見聞きすることが、一番多いと多くの方が思っていることでしょう。主婦がお金を借りることができるのもカードローンが多いですね。参照:http://www.alfeesaustralianopals.com/
社会人になってから現在までの勤務年数と、申し込み日現在における住所での居住年数も審査の項目になっています。ですから社会人になってから現在までの勤務年数や、何年間今の家に住んでいるのかのどちらかが短いと、それ自体がカードローンの審査において、不利な扱いを受けることがありそうです。
多くのキャッシング会社は、新しい申し込みがあったらスコアリング方式というミスの少ない公平な評価の仕方で、キャッシング内容がOKかどうかの確認と審査をしているのです。ちなみに実績評価が同じでも審査をパスできるラインについては、もちろん各社で差があります。
ポイントになるのは、借りたお金の借入れ理由が縛られずに、担保になるようなものだとかいわゆる保証人のことを考える必要がないけれども現金で借りることができるのは、呼び方がキャッシングでもローンでも、ほぼ同じものであると考えて差し支えありません。

ポイントによる特典を準備しているカードローンの取扱いでは、カードを使っていただいた方に対して会社ごとのポイントを発行し、融資されたカードローンの所定の手数料の支払いに、自然にたまっていくポイントを利用していただくことが可能なところまで存在しています。
よくあるカードローンというのは即日融資してもらうことも可能です。つまり朝のうちに、カードローンを新規に申し込んで、融資の審査が完了したら、当日の午後には、申し込んだカードローンの会社との契約によって貸し付けを受けることができるようになっているのです。
急な出費のことを考えて事前に準備していたい必須アイテムのキャッシングカードを利用して望みの金額を貸してもらうのなら金利が低く設定されているものよりも、無利息でOKの方を選択するのが普通です。
毎月の返済が遅れるなどを続けている場合は、キャッシングに関する実績の評価が落ちてしまって、高望みせずにかなり下げた金額を借入を希望しても、肝心の審査でキャッシングを認めてもらうことができないという場合もあります。
時間が取れない方など、インターネットを使って、新たに便利なキャッシングを申込む際は、画面の指示のとおりに、住所や名前、収入などを間違いないように入力して送信すれば、後の手順が早くなる仮審査を済ませていただくことが、可能になっていて非常に助かります。

お気軽に申し込めるとはいえキャッシングに審査を申し込むより先に、どうしてもパートでもいいので仕事にはなんとか就いておくことが必要です。なお、働いている期間は長期のほうが、融資の可否を判断するための審査で良い結果を出す材料になります。
あなたがカードローンを申し込むという場合には、事前に審査を受けなければなりません。申込み審査にOKをもらえなかった時は、審査申し込みをしたカードローン会社によるありがたい即日融資を執行することは不可能です。
業者が最重要視している審査するときの基準というのは、申し込んだ本人に関する個人の信用情報です。今回の融資を申し込むより前にローンの返済に関して、遅れがあったり未納や自己破産などが記録されていると、希望の即日融資によって貸付することはできないのです。
融資の前に行う事前審査は、どんなキャッシングサービスを使っていただくときでも必ずしなければならず、申込みを行った方のデータを、利用申し込みをするキャッシング業者に伝えなければならず、その提供されたデータを利用して、希望どおりになるかどうかの審査が実施されているわけです。
便利なキャッシングとかカードローンを利用して、必要な資金を融資してもらえることになってお金を貸していただくってことは、少しもダメじゃない。昔は考えられませんでしたが今じゃ女性のみ利用可能な特別なキャッシングサービスもいくつもあるんです。

給料日前に飲み会が

給料日まであと1週間という時に飲み会に誘われました。
この飲み会は職場の先輩から誘われたものなので断る訳にはいきません。

しかし私の今の給料日までの全財産は1万円です。
何次会まで行く事になるかわからないし先輩なので途中で帰るなんていう訳にもいかないでしょう。

飲み会当日まず一次会で四千円、二次会で三千円、それに終電に間に合わず帰りのタクシー代で三千円、あと給料日まで1週間どうやって過ごしたらいいのでしょう。

一番困るのは1週間分のご飯代です。
有難い事にお昼は会社の食堂を頼んでいるのでかかりません。

問題は朝と夜です。

とりあえずあちこちあさってみると冷凍庫には冷凍ご飯が2個、パンが2枚、後はパスタやそば、うどんの乾麺や小麦粉がありました。

助かりました、こんだけあればとりあえず1週間分の主食だけは何とかなりますものね。

今回お財布に全くお金がないという状況になってみて初めて自分がいつもどれだけ無駄な買い物をしているかがわかりました。

これからは少し節約に努めようと思います。